KUMAGATA-DENKYU

つくるのがすきなくまによる開発ブログ

ゲーム用語の各国語訳をJSONに変換して取り込んでみた

01_m.png 自分のゲームのローカライズを考えているインディーズゲーム製作者のために、よくつかう ゲーム関連用語の各国語訳が作られたそうな。 参考: GIGAZINEの記事

 

ゲーム関連用語の各国語訳: https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Al1cNCkGdEJfdF8xX0dsaHl6ZVpzMDF2OW9JaWVWMVE#gid=0

 
 
 

「新しいゲーム」「セーブ」とかシステム系をはじめ、 「ダガー」とか「サムライ」とかRPGによく出てくるものまで。 ありとあらゆるゲーム用語が有志によって翻訳されている。 英語、日本語だけじゃなく、中国語やアラビア語まで!

これは便利だ!
 
 

でも、ベターっとGoogleスプレッドシートに貼ってあるだけじゃ 実際に多国語対応するとき大変だ。

 

なので使いやすいようにJSONに変換してみた。

 

ダウンロードはこちら。→ transdb.json

 
 

使い方: HTML5 (jQuery使用時)

 
 
 

Unity(jsonfx使用時)

 
 
 
訳を探すときのために、簡単な検索機能もつくった。こちら。→ゲーム用語翻訳検索
 
 
 
 

実際の変換方法とスクリプトの例も書いておきます。

 
 

1.以下に飛んでデータのコピーを作成(Googleのアカウントが必要です) https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0Al1cNCkGdEJfdF8xX0dsaHl6ZVpzMDF2OW9JaWVWMVE#gid=0 WS000000.png

 
 

2.コピーを作ったら、ウェブに公開 WS000001.png

 
 

3.公開開始する。 WS000002.png

 
 

4.公開データへのリンクを取得の「ウェブページ」を「CSV」に変更し、 「すべてのシート」→各シートを選択するとCSVがダウンロードできるURLがわかる。

 

こんな感じ。 https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AgPcSiCUAktOdElmU0lfeTZIdy1NUHowaG9VWV9zLXc&single=true&gid=0&output=csv

・・・・

 
 

5.jQueryで取得してCSVをパース。以下のjavascriptコードを使用。

 
 
 
 
あとは出力されたJSONを保存して終了。
 

ただし、更新されるたびにコピー作成しなきゃいけないです。 めんどくさいので提供元でJSONに整形してほしいね、自動化も簡単だし。

 
 
 
 

はー、くまくま